読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小林麻央さんの乳がんから学ぶことがたくさんあります。

小林麻央さんと肝性脳症の可能性

小林麻央さんの

再入院記事がありました。

2017年2月22日

 

いよいよ体力がなくなってきているような

記事が多くて心配です。

 

私の父親

胃がん発見から7年で他界しました。

 

最後は

点滴をしてもすべて

腹水としてたまり、

そのたびに腹水を抜いていました。

 

腹水がたまるのは

すでに肝臓が機能不全を

起こしている証拠です。

 

肝臓は多機能の臓器で

肝臓の機能が低下し始めると

多臓器に影響します。

 

体内の毒素(アンモニアなど)が

分解できずに

体内をめぐり始め、

肝性脳症を引き起こし始めます。

 

(肝性脳症)

脳にまでアンモニアが達し

意識レベルが徐々に低下し始めます。

 

f:id:babykazu:20170424191929j:plain

 

上の画像は

肝性脳症で亡くなった方の

脳の組織です。

 

赤ピンク色が細胞が

神経細胞ですが

赤くなっている時点ですでに

神経細胞の呼吸ができずに

死滅する一歩で前です。

 

神経細胞

意識や判断、理性など神経活動を

司っています。

 

アンモニア毒素のために

神経細胞が弱り、

それに伴って

意識レベルも低下します。

 

小林麻央さんの病状に関しては

 

大手の報道記事しか情報がないため

推測でしかありません。

 

小林麻央さんが

一日でも

お子様や旦那様と

長く暮らせる時間を

持てることを祈るだけです。

 

 

 

 

 

kkk